20代の毛穴、皮脂、乾燥悩みを解消する方法

こんにちは!miccho55です。

 

20代といえば、遊びも仕事も勉強も全てが新鮮で目まぐるしい毎日を過ごす事が多いのではないでしょうか。

 

大学で勉強し、終わった後は遊びやバイトで忙しくしてる方や

卒業後、就職して新入社員として働く毎日を過ごす方

仕事にも慣れてきて先輩や上司、後輩に挟まれて揉まれるのもこの20代特有ですよね。

 

そんな20代は知らないうちにストレスが溜まって気付いた時には肌荒れを起こす…なんてことも日常茶飯事。

 

そう。人間関係が劇的に変化する20代はストレスの多い年代なのです。

 

だからこそ、正しい知識と正しいケアで素肌の綺麗なスマートな大人になっていく事が大切なのです。

 

20代の肌悩み、原因

⓵毛穴の開き、詰まり、角栓

皮脂の分泌量が多い20代は、とにかく毛穴悩みが多いです。鏡に映る自分の毛穴がとにかく気になって仕方がないのです。

人間の体の中心部は脂の分泌を促す柱のようなものが通っているので、おでこ、鼻、アゴ、胸、背中にニキビができやすくなっています。

 

皮脂の分泌量が多いと、毛穴が詰まり→空気の乾燥などで角栓になり→毛穴に塊が出来ることで毛穴が広がるとゆう悪循環を引き起こしてしまうのです。

角栓がスポッと取れると気持ちがイイですが(笑)その後の穴を放置しておくとまたすぐに詰まります…本当に厄介ですよね…

⓶ベタつき、テカリ、ニキビ

20代はとにかく皮脂の分泌量が多い!皮脂の分泌量は思春期の15歳くらいからだんだん多くなり20代中頃までその分泌量が続きます。

皮脂が過剰だとベタつきやテカリの原因となり、アクネ菌が繁殖してニキビに発展します。

 

※豆知識   肌の水分も油分も多い…オイリー肌

水分が少なく油分が多い…インナードライ肌

に分類されます。

 

 

‘‘若さの象徴とも言える皮脂’’

30代40代50代…と何年減っていきますので今だけだと覚悟をして対策をしていきましょう。

 

⓷乾燥、敏感肌

このブログの先頭でもお話しましたが、20代は非常にストレスを受けやすく常にストレスと隣合った生活をしています。

 

ストレスを感じると肌の代謝機能が狂ってしまい、まだ未熟な細胞のまま肌表面まで上がっていってしまうので免疫力のない細胞が丸見え…(自分で見ても分からないですよ)状態になりがちです。

免疫力のない肌=知覚過敏=ピリピリムズムズする敏感肌

となってしまうので、ストレスを感じやすい20代にとって敏感症状は付きものでしょう。

そして、免疫力のない肌=バリア機能の低下=肌の乾燥 と繋がりますので肌の水分が保持できなくなり、結果カサつきや皮ムケが起こります。

 

また、敏感肌の方は神経が表皮まで進出してきていることも考えられます。表皮での炎症によって敏感反応がでるので詳しくは敏感肌の記事をご覧ください。



 

改善策

 

⓵毛穴の開き、詰まり、角栓

毛穴の開きには、とにかく保湿が大切です。

肌に潤いを閉じ込めて高密度なパンパンに潤った細胞を作り上げましょう。その為にもクレンジング洗顔の‘‘落とすケア’’の見直しをして、潤いが逃げないよう工夫することが大切です。

高い化粧水やクリームを買う前に、きちんとしたクレンジングと洗顔を使う事をオススメします。

 

毛穴詰まりや角栓も同様で、軽い力で汚れが落ちるクレンジング、洗顔料で ふやかしたり溶かしてあげることが大切。

くれぐれも気合いを入れて顔を洗わないようにしてくださいね…キメが壊れます…。(汗)

 

⓶ベタつき、テカリ、ニキビ

必要以上な皮脂は日焼けや肌の酸化の原因となります。フライパンに油があると食べ物が焼けるように、顔に脂があると皮膚も日焼けします。

 

ベタつきやテカリには洗顔時に使う酵素パウダーやクレイソープがオススメです。出すぎた皮脂は取り除こう作戦ですね。必要以上に皮脂を取らない洗顔でキレイさっぱり洗い落しましょう。

 

あとは、スッキリさっぱりしつつも内側が乾燥しないように気をつけましょう!意外と水分が少なくて脂だけ出てるパターンも多いので。

 

洗顔の後は充分に保湿ケアをして必要以上に皮脂が作られないように先手を打つこと!

うるおいがあると肌は皮脂を過剰に出さないと言われています。これらの点に気を付けてお手入れをすることが大切です。

 

ペネロピムーン・ジュノア

③乾燥・敏感肌

20代の乾燥・敏感肌にはとにかく摩擦をかけないことが一番です。

クレンジングはミルクタイプやクリームタイプを。

洗顔は逆さまにしても落ちてこないくらいの泡がしっかりしたタイプを。

そして化粧水などのスキンケアは 水分をたくさん肌に抱え込める技術の入ったものを使い、肌の炎症を抑えることができるシリーズをオススメいたします。

まとめ

 

ストレス社会で過ごす現代だからこそ、きちんと自分の肌に合ったお手入れ方法と知識を習得して清潔感のある健やかな肌を目指しましょう!!華の20代。毎日が充実した日になるようにお肌の手入れに時間と気合をいれてお金をかけず楽しくお過ごしください☆

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)